スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」で有名な会計士、山田真哉氏の著書です。

今回は会計よりは数字について主に書かれています。
会計に対する苦手意識は会計そのものではなく、そのベースとなる数字に原因があると著者は言っています。

その数字に対する見方や考え方、使い方をレクチャーしてくれている本です。

僕は理系出身なので数字は好きな方ですが、実は会計は苦手です・・・。
それがなぜなのかこの本を読んで凄くよく分かりました。

ふつうの数字と会計の数字は、数字という意味では同じだけれど、その性質はぜんぜん違う。ふつうの数字は「自由」なのに対し、会計の数字は「制約」されている

これが衝撃でした。
会計に対する考え方が大きく変わりました。

数字の使い方、見せ方いろんなところで活用できると思います。
ビジネスマンだけじゃなく、どなたでも数字の使い方が「うまく」なると思います。

是非一度読んでみてください。
| ディド | 読書 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:29 | - | - |









http://nansyonna.jugem.jp/trackback/24